教育と保育を一体的に行うのが「認定こども園」です。
幼稚園型の認定こども園は、保育所の機能を有した幼稚園で、地域の子育て支援も行っています。また、幼稚園の部分のみを利用することもできます。

  • 仕事をしながらお子さんに幼児教育を受けさせたいという保護者にとって有効な教育施設です
  • 利用を希望する保護者の方は、市に対して支給認定の申請手続きを行い、1号認定または2号認定または3号認定を受けていただく必要があります(3号認定は施設によります)
  • 入園の申し込みや保育料の支払いは従来どおり施設(幼稚園型認定こども園)にしていただきます
  • 保育料は保護者の所得に応じた支払いが基本となります(家庭によって保育料が異なります)
  • 1号認定:子どもが満3歳以上で教育を希望される場合
  • 2号認定:子どもが満3歳以上で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合
  • 3号認定:子どもが満3歳未満で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合

幼稚園型の認定こども園のおおよその保育時間


※緑色は全ての幼稚園に共通する教育活動時間です。幼稚園型の認定こども園ではこの部分だけ利用することもできます。
※オレンジ色はこども園によって時間の異なる部分です。受け入れ時間については各園にお問い合わせください。

認定こども園の利用に関して

認定こども園は、幼稚園の機能と保育園の機能両方を備えていますので、仕事をしていない方でも午前9時頃から午後2時頃まで、従来型の幼稚園のような利用の仕方ができます。
仕事をしていなければ利用できない、ということは決してありませんので誤解のないようにお願いいたします。
認定こども園は「子どもの成長に応じて仕事を辞めたり始めたりしても施設を変える必要がない(幼稚園と保育園を行き来する必要がない)」ことが大きな特徴です。